激しい痛みを伴う群発頭痛を予防する|生活習慣の見直しから始めよう

一次性の頭痛

男の人

痛みがひどい

頭痛にも種類はたくさんありますが、群発頭痛という頭痛があります。特に病気が要因で起こる二次性の頭痛ではなく生命に危険性を脅かす存在ではありませんが、激しい痛みを伴う頭痛です。患者数が少ないため、偏頭痛などと比較すると聞きなれない頭痛ですが、ある時期に集中して頭痛が連続して起こる特徴を持っています。痛みが生じる時期には毎日のように頭痛が生じますが、その時間は短いのも特長の一つです。またある程度期間は継続し、1か月から2か月くらいの期間だとされています。期間が過ぎると頭痛が生じない期間が訪れ、再び頭痛の期間が訪れることを繰り返します。男性に多く、20代から40代に患者が多いようです。群発頭痛で気を付けなければならないのが、トリガーになる飲酒です。特徴の一つとして群発頭痛の期間中に飲酒すると間違いなく頭痛に見舞われます。そのため群発頭痛の患者は、この期間には飲酒をしないなど誘発を回避する行動を行っているようです。たばこなどもトリガーになることもあります。

鎮痛剤で解消

群発頭痛の痛みは、偏頭痛などと異なり、目の後ろを通っている血管が拡張して炎症を起こすことが多く、目の奥が痛む特徴があります。そしてこの痛みは、目がえぐられるような耐え難い痛みです。その痛みに我慢できない人も多く、群発頭痛の患者は病院に通院していることが多くなっています。病院での治療は薬物治療と酸素吸入法が用いられることが多いです。薬物療法は、発作時の鎮痛剤が処方されます。できる限り頭痛開始直後に服用することが痛みをやわらげる効果になるでしょう。群発頭痛の発生は明け方が多く、起床時に痛みを伴うことも多いため、就寝前に薬を服用することで睡眠中の頭痛や発作を予防することができます。酸素吸入法は、鎮痛剤でも解消できない痛みに対して、純度の高い酸素を吸入する方法です。酸素を吸入するとたいていの場合、痛みは5分程度で軽くなります。発作が起こったときに利用できるように、身近に備えて置き、頭痛が襲ってきたら酸素吸入を行うのが一般的です。日常生活の中で、いかに頭痛を誘発する要因を取り除くことができるか、という点がポイントとなります。

Copyright © 2016 激しい痛みを伴う群発頭痛を予防する|生活習慣の見直しから始めよう All Rights Reserved.