激しい痛みを伴う群発頭痛を予防する|生活習慣の見直しから始めよう

痛みが最も強い慢性頭痛

女の人

この頭痛の原因や治療法

病気以外の事が原因となって起こり、慢性的に痛みが続く事を慢性頭痛と言い、慢性頭痛には片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛の三種類があります。その中で最も痛みが強く現れるのが群発頭痛であり、男性に多く見られている頭痛です。原因は目の奥の血管が拡張する事で痛みが発生するという事しか分かっていないと言われています。痛みの特徴としては、目の奥をえぐられるような感じと表現され、あまりの痛みにじっとしていられないそうです。この群発頭痛は、片頭痛や緊張性頭痛に比べると発生する可能性が低く、症例があまり見られていないため、治療法もまだ分かっていません。また1〜2ヶ月の間に痛みが発生し、目が充血する・痛む方の涙が止まらない・鼻水が出るといった症状を伴う事もあります。群発頭痛には、薬物療法や酸素吸引法などが治療に使用されており、発作を予防するためには、日常生活において喫煙や飲酒を控える・血管を拡張させるような事はしないといった事に気を付ける事が大切であると言えます。

この頭痛の治療のメリット

このように、片頭痛や緊張性頭痛や群発頭痛といった3つの慢性頭痛の中で最も痛みが強く現れる群発頭痛は、原因が詳しく分かっておらず、治療が難しいものだと言われています。そのため、群発頭痛を治療する際には発作が起きてからの痛みを和らげる薬を使う方法や、痛みが起こるのを予防するという事が目的となっています。群発頭痛に使う薬は自分で注射出来るものであるため、想定外の発作が起きても、すぐに対応した治療が行えるといったメリットがあります。群発頭痛の痛みが発生する群発期には、寝ている時に発作が起きやすいと分かっている場合には、寝る前に薬を使用する事で、発作を予防する事が出来ます。また、発作が起こるタイミングが分からないといった場合には、発作が起こってから自分で薬を注射するという事が効果的です。治療が難しい群発頭痛は、1〜2ヶ月といった期間集中して痛みが発生し、半年または2〜3年程度で再発しやすいという事がわかっています。そのため、群発期が来る頃には群発頭痛が来るかもと構えておき、発作が起こってから注射するなど、生活の質を高める治療を行う事が大切です。

Copyright © 2016 激しい痛みを伴う群発頭痛を予防する|生活習慣の見直しから始めよう All Rights Reserved.