激しい痛みを伴う群発頭痛を予防する|生活習慣の見直しから始めよう

非常に強い痛み

笑顔の男の人

片側だけ痛い

群発頭痛が現れた時その場所は特殊な場合を除いて、決まった片側になっています。右に頭痛が出現する人は左に頭痛が出現することはありません。これは群発頭痛の特徴の一つになっています。片頭痛の時には発作が起こるたびに、痛む場所が変わるという人もいますが群発頭痛では痛む場所が左右入れ替わってしまったり、両側にまたがることはありません。完全に片側のみの痛みで反対側にはまったく痛みは出ません。群発期ごとに変化してくるパターンはあります。前回の群発期には左だったのが、今回は右側に出てしまったというパターンはあります。同一の群発期の頭痛ならば同じ側に頭痛が出現してきます。群発頭痛は痛みが出てくる場所が群発期ごとに入れ替わるかどうかにかかわらず、片側に現れてくるものですが、まれに出現する例として両側に同時に現れてくることもあります。頭痛の発作は一日中続くわけではなく、群発という名前がついていることからも繰り返して起こってきます。平均的に少ない人で二日に一回多い人で一日に、二、三回現れてきます。

保険がきかない

いろいろな病気と同じで、群発頭痛においても治療法は非常に重要なこととなってきます。現在ある薬物でもかなり良好な治療を行うことができます。ですがこの群発頭痛の治療は、かなり無視されて来た経緯があります。患者の数が少ないために、無視されてきました。片頭痛の薬であるトリプタン製剤は、群発頭痛にも有効な薬となっています。群発頭痛に効果がある多くの薬の中には、健康保険が適用されないものが多くあります。治療の薬として保険がきくのは効果がある薬の一部だけにとどまっていて、それ以外については保険医療の対象にはなっていません。ですからトリプタン製剤が人気を集めています。群発頭痛の患者の前には、健康保険上の壁が立ちはだかっています。この群発頭痛には二つの治療方法があり、抑制治療と予防治療を行っていきます。抑制治療は、痛みが出てきたときにその痛みを止めてしまう治療方法で、予防治療は頭痛が多い期間中薬の使用を続けることによって、頭痛の出現を抑える方法になります。

Copyright © 2016 激しい痛みを伴う群発頭痛を予防する|生活習慣の見直しから始めよう All Rights Reserved.