激しい痛みを伴う群発頭痛を予防する|生活習慣の見直しから始めよう

激しい痛みを伴う頭痛

女性

群発期に避けるべきもの

群発頭痛とは群発地震のようにある一定期間に集中して起こる頭痛のことです。片側の目の奥やその周辺に激しい痛みが表れます。痛みとともに目の充血や涙、鼻水などの症状を伴うこともあります。群発頭痛で発生する痛みは痛みのあまり頭を壁に打ち付けたり、耐えきれずにのたうち回る人がいるほど強烈なものです。患者には20〜40代の男性が多く、女性の3〜7倍にのぼります。有病率は0.056〜0.4%程度で約1,000人に1人がこの頭痛を抱えています。群発頭痛は1日に1〜2回頭痛が起こり、1回の頭痛は15分から3時間程で治まります。発生すると1〜2ヶ月間程続き、ほぼ毎日頭痛が起こります。頭痛が起きている期間のことを「群発期」と呼びます。「群発期」には頭痛の誘発を避けるために色々気を付けなければなりません。例えば群発期に飲酒すると高い確率で頭痛が起きるといわれています。ですから群発期にはアルコールは控えましょう。喫煙やストレス、過労なども頭痛を誘発することがあるので注意が必要です。また気圧の変化が誘因となる場合もあるので登山や飛行機も避けておいた方が良いでしょう。

発生のメカニズムと治療法

群発頭痛が起こるメカニズムは、まだ完全には解明されていません。一般的な説として、目のすぐ後ろを通る血管が何らかの原因で拡張し炎症を起こすことで目の奥に痛みが発生すると考えられています。また拡張した血管が自律神経を刺激するため、目の充血や涙、鼻水などの症状を伴うといわれています。群発頭痛の治療方法は酸素吸入法と薬物療法があります。酸素吸入法は医療用の純度100%の酸素を15分程吸入します。吸入を始めてから5分位で効果が表れ痛みが和らぎます。薬物療法はトリプタン製剤の皮下注射で痛みを緩和します。トリプタン製剤は錠剤や点鼻薬もありますが即効性のある皮下注射が最も効果的だといわれています。2008年からスマトリプタンの自己注射が認められています。群発頭痛の発作が起こった際、病院に行かなくても患者自らその場で薬を注射できるため、より早く痛みを鎮めることができます。また、カルシウム拮抗薬であるベラパミル(ワソラン)や副腎皮質ホルモン薬(ステロイド)が予防薬として用いられています。

Copyright © 2016 激しい痛みを伴う群発頭痛を予防する|生活習慣の見直しから始めよう All Rights Reserved.