激しい痛みを伴う群発頭痛を予防する|生活習慣の見直しから始めよう

痛みが最も強い慢性頭痛

女の人

群発頭痛は、他の慢性頭痛よりも痛みが強く現れますが、詳しい原因が分かっておらず、根本的な治療が行えません。しかし、群発頭痛の治療に使用する薬は自分で注射出来る薬であるため、発作が起こってからすぐに対処する事が出来るというメリットがあります。

もっと見る

激しい痛みを伴う頭痛

女性

群発頭痛とは群発地震のようにある一定期間に集中して起こる頭痛のことです。頭痛が起きている期間を群発期と呼びます。この時期にはアルコールの摂取や喫煙は控え、ストレスにも注意しましょう。また、トリプタン製剤はこの頭痛に良く効く薬として用いられています。

もっと見る

特殊な頭痛

スーツの男性

群発頭痛は、偏頭痛や緊張型の頭痛などと違い症例数が少なく、認知度が高くない疾患です。群発頭痛の大きな特徴は、その痛みの大きさで、目がえぐられるような痛み、きりで刺されるような痛み、などという表現がよく使われます。あまりの痛みにじっとしていることが出来ず、その場でのた打ち回ったり、痛みのあまり頭を壁に打ちうけてしまうといった行動をとってしまうこともります。それほどに痛みが激しいと言われている群発頭痛ですが、実は原因ははっきりと解明されていません。しかし、群発頭痛を誘発する原因として一般的に知られているのが、お酒です。アルコールがきっかけとなって、群発頭痛が現れるといった現象がよく見られ、飲酒するとほぼ100パーセント群発頭痛に襲われる、といった人もいます。そのため、群発頭痛の症状を抱える人はなるべくアルコールの摂取を控える事、また、タバコや気圧の急激な変化も誘発原因の一つとされているので、そのような部分にも気を付けて生活することが大切です。

群発頭痛は、大きな痛みを伴う、という他にも様々な特徴があります。まず、頻度に関しては1〜2ヶ月の間に集中して起こることが多く、毎日その症状に悩まされるといったことも多くあります。また1日に1回、というわけではなく、時間や場所を問わず1日2〜3回症状が出るという人もいます。痛む場所については、頭全体ではなく、必ず片側だけが痛むという特徴があります。片側の目の奥に急激な痛みを感じ、それが上あごや頭のもう片方へとつながります。また、治療法については、原因がはっきり解明されていないため、的確な治療法が確立されていないことが事実です。しかし痛みを和らげる薬を投与する薬物療法や、酸素を体内に入れて鎮静剤の役割をする酸素吸入などで、症状は改善させることが出来るため、多くはそのような治療法がとられています。原因がはっきりしていないため、誰にでも起こりうる疾患であると言えますが、予防法として群発頭痛を誘発するアルコールやタバコなどに気を付けることがあげられます。そのような生活習慣に注意し、群発頭痛の予防に備えることが大切です。

非常に強い痛み

笑顔の男の人

群発頭痛の治療には、トリプタン製剤の投与が有効な治療方法になりますが、他の有効な薬の中にはまだ保険適用されていない薬も多くあるので注意が必要です。また抑制治療と予防治療の二つの治療法があります。

もっと見る

痛みの激しい頭痛

カウンセリング

群発頭痛は、ある一定の時期に起こる頭痛のことで、激しい痛みが特徴です。男性に多く、アルコールや気圧の変化がトリガーとなるため、痛みが発生する時期にはそうした要素を排除するのが重要になります。明け方に痛みがでるため、寝る前に予防薬を服薬しておくと効果的でしょう。

もっと見る

一次性の頭痛

男の人

群発頭痛は、偏頭痛と同じような一次性の頭痛であり、生命の危険を伴うものではありません。しかしその痛みは激しく、じっとしていることができないほどです。また、定期的に頭痛が発症する特長を持っており、飲酒などが頭痛のトリガーになることが多くなっています。

もっと見る

Copyright © 2016 激しい痛みを伴う群発頭痛を予防する|生活習慣の見直しから始めよう All Rights Reserved.